FC2ブログ

プロフィール

Cecilie

Author:Cecilie
無邪気なサディスト、唯一の主には徹底的に隷属。全ての収束する先は一つ・・。

性、その他プライベートな色々のことを思うままに綴っております。いわゆる逸脱した性についても描いておりますので、嗜好の合わない方はどうかお見捨ておきくださいませ。

「執事奴隷」「M転-奴隷」「Je'tadore」「fateful」「re-deeper」「closest」「re-est」「another.s」「sai-ka」は主従・SMから始まったある男女の恋愛の成行きを綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娼年@プレイハウス


先日、舞台『娼年』を観てきました。
濡れ場に続く濡れ場で、多様な性と、
女性の多様な欲求と心の奥底が描かれていました。


そして、全体を通して、
性と愛と生死が描かれており、
プログラムでも、“性と生死は紙一重”、
というようなくだりが数名の役者さんの口から語られておりました。

人には言えない秘めた欲求。。
性と生死と。。

まるで自己肯定をされているかのごとく。
恍惚の中で、何度、生を実感したことか。。
共感に満ちて、とても優しく、満たされた気分になりました。


ただ、描かれる様々な性の中で、
痛みに快楽を感じる男性が恍惚とするシーンで、
ゾクゾク、胸の高鳴りと身体の昂りを覚えて。。
若い男を跪かせたいと思ったり。。

この欲求は、被虐欲求に比べると表に出しにくい。
全てを受け止めてくれる相手はそんなに多くはないのでしょう。
1人いれば十分、といえないのが年の差の哀しさ。

諦めずに虎視眈々と狙っていきましょうか。
加虐の誘惑。。支配欲にかられて。。


<< 再咲 | ホーム | 降り注ぐ鞭 2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。