FC2ブログ

プロフィール

Cecilie

Author:Cecilie
無邪気なサディスト、唯一の主には徹底的に隷属。全ての収束する先は一つ・・。

性、その他プライベートな色々のことを思うままに綴っております。いわゆる逸脱した性についても描いておりますので、嗜好の合わない方はどうかお見捨ておきくださいませ。

「執事奴隷」「M転-奴隷」「Je'tadore」「fateful」「re-deeper」「closest」「re-est」「another.s」「sai-ka」は主従・SMから始まったある男女の恋愛の成行きを綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悶々・・そして色々のこと

もちろん私は、犬などを道具として思うように使用することを好みます。

それは快楽のためであったり、暇つぶしであったり、
時には苦痛を与えるためであったりするわけですけれど・・。

続きを読む »

driven..

親愛なる―


おまえとは、一目会う、その以前から、、
おまえを虐げることを想像して、

私はとてもぞくぞくしておりました。

続きを読む »

背中のあと

例えば私が座った状態で犬に舐め奉仕をさせておりますとき、

私の気分の高揚と、少しのイタズラな気性から、その細く尖ったヒールの先を、
下肢の重力のままにまかせてそれの背中を這わすのでございます。

続きを読む »

ある週末の風景

ある週末の午後、私はパートナーにメールを送る。


「今日犬になれる??」

OKをもらうと私は、家に帰り着くなり、
着替えもせずにショーツだけ脱いでそれの顔に跨る。

続きを読む »

“僕”

例えば、社会的にはそれなりの立場にあり、
それ相応の自尊心を備えた男性が、
私に対して、自身を“僕”と表現するとき、

私は何ともいじらしい気持ちになり、
それをかわいがってやりたい気持ちになるのです

続きを読む »

弱肉強食

あの日・・

私は圧倒的なものを前に、
ただただ貶められ、辱められ、
なされるがままに身を委ねるしかないのでした

続きを読む »

谷崎-私にとっての現実①

『瘋癲老人日記』より

続きを読む »

お詫び

昨日、私の一身上の都合でいくつかエントリーを削除いたしました。
拍手・コメントくださっていた方、大変申し訳ありません。
コメント等、嬉しく拝見いたしております。
今後ともよろしくお願いいたします。


一女としての私

本日、さたみしゅうさんの『はやくいって』という著書を拝読いたしました。
SMの話とのことでしたので、興味を惹かれたものの、
それほど期待せずに読み始めたのでございます。

こちらの小説は短編集で色々な女性が出てくるのですが・・
そこにはまぎれもない私の姿が、、あちらにもこちらにも、、

続きを読む »

corrida

先日、『愛のコリーダ』を手に入れました。
すでに絶版でしたが、幸いオークションで新本落ちを発見いたしました。

ようやく自宅に届いたB5版の厚い冊子。
読んだことはございませんでしたが、概ねの内容は存じておりました。

続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。