FC2ブログ

プロフィール

Cecilie

Author:Cecilie
無邪気なサディスト、唯一の主には徹底的に隷属。全ての収束する先は一つ・・。

性、その他プライベートな色々のことを思うままに綴っております。いわゆる逸脱した性についても描いておりますので、嗜好の合わない方はどうかお見捨ておきくださいませ。

「執事奴隷」「M転-奴隷」「Je'tadore」「fateful」「re-deeper」「closest」「re-est」「another.s」「sai-ka」は主従・SMから始まったある男女の恋愛の成行きを綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

close (1)

久しぶりの逢瀬は一ヵ月ぶりでした。
互いに忙しく過ごす時はあっという間で、
けれどももちろん、会いたい気持ちを抑えて過ごした一ヵ月‥


続きを読む »

close (2)

主様は私から離れると、まず目隠しをなさいました。
そして、誘導されるがままに、テーブルに手を突き、
お尻を突きだすと、アヌスの部分に続いている鎖をいったん外され、
アヌスに、くちゅくちゅくちゅ‥と大量のローションを感じます。

続きを読む »

close (3)

主様はシャワーをさっと浴びた後、
再び私の側に寄ると、
優しく、私の身体を愛撫なさいました。

既に達してしまった後だからか、
私は乳首に触れられただけでも“ビクン、ビクン”と
身体を痙攣させてしまいます。

続きを読む »

close (4)


息つく暇もなく、再び私は目隠しをされ、
両腕を頭上で縛られると、
今度は、ソファに腰掛けるよう促されました。

スルスル‥

続きを読む »

close (5)


その後、尿意を催した私は、
浴室で‥戯れた後、再び主とベッドに戻りました。
フェラチオの指示の後、挿入するよう言われた私は、
騎上位で、挿入いたしました。

続きを読む »

close (6)

そうしてS欲に軽く火がつきつつも、
比較的穏やかな気分で、相変わらず挿入しながら話していると、
彼はさらにS欲を高めるようなことを言い始めました。

続きを読む »

close (7)

私は、四つ這いで待機する彼を傍目に、
本日お披露目された、彼の手作りのバラ鞭を取りにいきました。

これまで私たちは打つのも打たれるのも一本鞭ばかりでしたから、
バラ鞭は初の試みにございます。


続きを読む »

close (8)

私は傷をそのままに、彼にキスをし、
彼の下唇を思い切り、本当に思い切り噛みます。
すると彼は本当に痛そうに(笑)呻きます。

続きを読む »

close (9)


そうして逆向きに身体を重ね合い、
互いの陰部を舐め合っているうちに、
彼の方でも、テンションがSに向き始めたのでしょうか、

彼が上体を起こすと、半ばイラマチオするような感じになり、
私は少し苦しくなりつつも懸命に奉仕します。

続きを読む »

close (10)


しばらくフェラチオすると、再び入れるようにと言われましたから、
私は彼の上に跨り、挿入しました。

まったりと腰を動かし、感じながら
時にキスして、頬寄せ合って抱き合いながら、
再び私たちは会話を始めます。

続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。