FC2ブログ

プロフィール

Cecilie

Author:Cecilie
無邪気なサディスト、唯一の主には徹底的に隷属。全ての収束する先は一つ・・。

性、その他プライベートな色々のことを思うままに綴っております。いわゆる逸脱した性についても描いておりますので、嗜好の合わない方はどうかお見捨ておきくださいませ。

「執事奴隷」「M転-奴隷」「Je'tadore」「fateful」「re-deeper」「closest」「re-est」「another.s」「sai-ka」は主従・SMから始まったある男女の恋愛の成行きを綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目の前には、恐らくマゾではない(しかも素敵な)男が一人。
自身を縛り、その姿を私にさらしている。
そしてそれを見つめる私‥。

続きを読む »

序 (1)


漸く見つけた私のご主人様。
私はご主人様に気に入っていただいた黒のランジェリーに
網タイツを身に纏い、ご主人様の御前に跪きました。
両手を後ろで手錠で繋がれて、私はご主人様に気に入って
頂けますようにと祈るような気持ちでおりました。


続きを読む »

序 (2)

ご主人様は鞭を片手に、
私にフェラをするように命じました。

私は悦んで頂けるようにと
愛情たっぷりに奉仕いたします。

続きを読む »

序 (3)


暫くフェラいたしました後、私は手錠を解かれると
四つ這いになるよう命じられました。

続きを読む »

step (1)


ご主人様は、片手にリードを、
片手に鞭を持って椅子に腰かけると、
私に、目の前に跪くように命じられました。
私は全裸に首輪という恥ずかしい格好で、ご主人様の前に正座をし、
両手を少し前につくような形で跪きました。

続きを読む »

step (2)

ご主人様はそんな不甲斐ない私に呆れられたのか、
ペニスを押し込めるのをおやめになりました。
(けれどももちろんイマラチオを終えたのみでフェラチオは続きます)

私が一息ついたのもつかの間、今度は
“バシン・・”鞭打たれました。

続きを読む »

step (3)


しばらくご主人様の傍らに侍り、
まったりとした時間を過ごしていると、
ふとした瞬間、私はご主人様に身体を取られ、
気が付いたら拘束されておりました。

続きを読む »

縛.. (1)


気が付いたら私はとても
恥ずかしい格好をさせられておりました。

ベッドの上で仰向けに横になり、両手は頭の上で手錠をかけられ、
そして両の足は・・M字に大きく広げられ、
さらに大腿と下腿(足首の辺り)を
テープか何かで固定されておりました。

続きを読む »

縛.. (2)


「今日はこんなことをするために、
 お前に恥ずかしい格好をさせているわけじゃないんだよ。」

そう言うとご主人様は真剣な眼差しで、
私のクリトリスをチェックするように見ました。
この新たな展開がなんであるのか、私は全く見当もつきません。

続きを読む »

縛.. (3)



私は漸く手錠とテープを外されると、
ご主人様に促されるがままにうつ伏せになりました。

ご主人様の御指が私の背中をそっと伝った後、
アヌスへと延びてまいります。

続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。